真性包茎のデメリット

真性包茎のデメリット

真性包茎 デメリット

真性包茎のデメリット
包茎にまつわる話はほとんどが宣伝によって塗り上げられたイメージによる効果で、いわれるほどデメリットはないのが本当のところ。

 

女性にもてないというのが最たる例。まず、どこの世界に出会った時におちんちんを見て判断する女性がおりますでしょうか。

 

これだけを考えても答えはでるでしょう。

 

モテる、モテないはもっと別次元の話。

 

包茎手術してもてるようになったという話は、単なるコンプレックス解消によって積極的になっただけじゃなかろうか。

 

コンプレックス

真性包茎 デメリット

包茎というコンプレックスをもつこと。

 

すなわち、精神面に包茎であるということが作用して、ネガティブに物事を感じ取ってしまうことが、包茎のデメリットとしてあげられます。

 

言葉足らずな感じもしますが、この矛盾点がわかりますかね。

 

基本として、包茎であることにはあまりメリット、デメリットはないんです。

 

お風呂で皮を剥いて包皮の内側を清潔に保つように心がければ、よく言われるような臭いや不潔とかは、おこらない。

 

むしろ、不衛生にしてたらペニスに限らず、きつい体臭をするのが当たり前で、もてないのは当然ですよね。

 

包茎手術の広告で作られている包茎のイメージ部分を論理的思考で考えていくと、そんなに気にすることはなく、きちんと清潔にしておけば包茎に問題はないんです。

 

がしかし、真性包茎に限って問題が発生することもあります。真性包茎とは、亀頭部分が露出できない状態のペニスですから、お風呂等で包皮を剥いて洗うということができません。

 

これによって、包皮の内側が不衛生になりやすく、悪臭の元になる恥垢がたまってしまいます。

 

この不衛生な点ともう一つ、真性包茎にはデメリットになるケースがあります。

 

それは、性行為自体が困難になってしまうことです。

 

勃起しても亀頭部分は露出せずに、包皮に守られている亀頭部分は真性包茎の場合に敏感であり、痛みが伴うこともあります。

 

いざ、挿入しても痛みがあり、うまく射精まで達せない、勃起自体しない等のデメリットがあります。

 

上記のようなことが真性包茎の場合はあるかもしれないとするデメリットです。

 

仮性包茎の場合はお風呂で、包皮をめくって内側を清潔に保てば、問題は無く、亀頭部分への刺激にもなり初めて剥いたときの痺れる痛みにも慣れてきますので一石二鳥となります。

 

>>包茎の種類はこちらを参照