包茎の種類と特徴・仮性包茎・真性包茎・カントン包茎

包茎の種類と特徴・仮性包茎・真性包茎・カントン包茎

包茎 種類

包茎の種類は基本的に3種類に分けられます。

 

3種類の中でさらに重度や軽度と分けられる場合もありますが、一般的には認識しづらい部分ですから特に知る必要性はありません。

 

以下に3種類の包茎の状態を示しますのであなたがどのタイプに属するか調べてみてください。

 

仮性包茎

 

成長したあとのもっとも一般的なタイプの包茎です。

 

通常は亀頭が包皮に包まれており、勃起時に亀頭が露出するタイプです。

 

通常時でも、痛みなどを伴わずに比較的簡単に剥くことができるタイプのペニス。重度な仮性包茎だと勃起時でも亀頭が包皮に包まれているタイプもありますが、手動で簡単に剥ければ仮性包茎と考えて差し障りはありません。

 

簡単に言えば、包皮を剥かないと亀頭がでてこないタイプ。

 

基本的にこのタイプが、一番自然なペニスですから特に包茎だからという理由で手術や矯正をする必要はないです。

 

気をつけることとして、お風呂で包皮を剥いて亀頭を清潔に保つことを心がけることです。

 

真性包茎

包茎 種類

真性包茎は、亀頭が完全に包皮に覆われており、自分では剥くことができない包茎のことを指します。

 

状態として包皮口が狭く亀頭が露出されない、包皮と亀頭が癒着しているなどです。

 

特に勃起時に亀頭が締め付けられるなどして、痛みを伴うケースがあるようです。

 

仮性包茎でしたら問題はほとんどおきませんが、真性包茎となると問題が起きやすくなってしまいます。

 

問題として、包皮を剥くことができませんので、包皮内が不潔になりやすく恥垢等がたまり、亀頭包皮炎や尿路感染症をわずらう場合があります。

 

他に勃起時に痛みが伴うなどによりうまく性行為に及べなかったり、満足できないなど、性生活に不満がもちやすくストレスの原因となる場合もあります。

 

真性包茎の場合は上記の問題などがあり、手術や矯正をしたほうが良いこともあります。

 

特に20歳以上で真性包茎ならペニスの自然な成長はあまり望めませんので一考してみてください。

 

それと、子供のペニスの多くは真性包茎です。

 

真性包茎には自分で矯正できる器具があるのをご存知でしょうか?

 

キトー君という包茎用グッズなのです。

 

キトー君の口コミについて気になる方はURLを貼っておきますね・

 

キトー君の口コミや効果・評判はこちらを参照してください。

 

カントン包茎

 

成長期になりやすい包茎のことです。

 

カントン包茎は、真性包茎に比べて包皮口が広く、剥くことはできるが元の状態、包皮が亀頭を覆う状態に戻せなくなって狭い包皮口によって亀頭が締め付けられる状態のことを指します。

 

いってみれば、仮性包茎と真性包茎の中間あたりの感じになりますが、カントン包茎の状態になると亀頭が締め付けられたまま亀頭内にある血液の循環がなくなりますから最悪細胞が壊死してしまい使い物にならなくなってしまいます。

 

万が一、カントン包茎になった場合は、早急に泌尿器科にいくか、亀頭をつかんで亀頭内の血液を強制的に循環させ亀頭を縮めて無理やり包皮を元に戻すようにしましょう、でもかなりの激痛が伴いますので病院にいくことをおすすめします。